まつ毛を伸ばす薬って存在する?

まつ毛を伸ばす薬というのは実際に存在します。

 

それは「緑内障の治療用に使われる点眼薬」で、本来はまつ毛を伸ばす為の薬ではありませんでしたが、「まつ毛が濃くなる、長く伸びる」という副作用がある事で、広く知られる様になりました。

 

実際に緑内障の治療を行っている患者さんでも「まつ毛が伸びた」事を実感する方が多く、海外ではこの緑内障の治療に使われる点眼薬の成分を使ったまつ毛育毛剤が作られている程なんです。

 

まつ毛を伸ばす薬として有名な「ルミガン」とは?

現在では「まつ毛を長く濃くする薬」として認定されている医薬品だそうです。

 

正式名所は「ルミガン点眼薬0.03%」だそうで、緑内障による眼圧を抑える為に使われていた点眼薬です。

 

まつ毛を長く濃くする薬として認定はされていますが、医薬品なのでやはり刺激が強いのが気になる所ですね。

 

使用に関してはアレルギー等の症状を持つ方は避けた方が良いとの記載がありました。また、妊産婦や授乳中(ヘルペスウィルスが潜伏している可能性が高い為)は使用を控えた方が良いそうです。

 

妊娠中に使用する事で流産や早産などの危険性も危惧されているそうで、妊娠している可能性のある女性に関しても使用しない方が良さそうですね。

 

実際にこの薬の効果は高いとの口コミを見かけますが、その分リスクも高い薬でもあります。

 

使用する際は必ず使用上の注意を良く読んだ上で使用した方が良いと言えますね。

 

安全性を考えるならまつ毛美容液の方が

まつ毛を長く濃くする効果が高い薬であるルミガンですが、その分リスクも高いと言えます。

 

肌に合わない場合は色素沈着を起こしたり、まぶたがただれたりする可能性もあるそうで、妊産婦さんや授乳中の女性についても使用しない様に注意されています。

 

まつ毛美容液は、天然由来の成分を主成分として作られているので肌にもまつ毛にも負担をかけにくいのが特徴です。

 

安全にまつ毛をケアしたい方には、まつ毛美容液をおすすめします。

 

⇒まつ毛美容液ランキング【写真付】本当に効果的なまつ毛育毛剤はコレ