まつ毛育毛剤と緑内障の深い関係

以前某まつ毛美容液に緑内障の治療に使う成分が配合されていたという事で、自主回収に至ったというニュースがあったのをご存知でしょうか?

 

「なぜ緑内障の治療成分がまつ毛の育毛に良いのか?」と疑問に感じるのではないでしょうか?

 

緑内障を治療する為に点眼薬を利用していた患者から「まつ毛が長くなった!」という話が上がり、実際にアメリカではまつ毛に対してどのような効果があるのか、という実験も行ったそうなんです。

 

その実験結果で約8割の方が「まつ毛の育毛効果を実感する事が出来た」という事で、アメリカでは美容成分としての販売も許可されているそうなんですね。

 

緑内障の治療成分の本来の目的は「眼圧を下げる事」なのに、どうしてまつ毛が濃く長く伸びてくるのか、まつ毛育毛剤と緑内障の深い関係についてをお話ししていきます。

緑内障で使う「ルミガン点眼薬」の副作用らしい

緑内障の治療の為に使われる点眼薬で「ルミガン点眼薬」という目薬があるのですが、この目薬の副作用として「まつ毛が長くなる、濃くなる」といった症状があります。

 

副作用という事で一見マイナーな症状かと思いきや…「まつ毛が長くなる、濃くなる」なんて、まつ毛を丈夫に伸ばしたい女性たちにピッタリなのでは?という事から、「緑内障治療の点眼薬はまつ毛の育毛に最適」と言われ始めたんです。

 

まつ毛が伸びるからと言って健康な人が使うのは避けて欲しい所

「眼科で緑内障の治療点眼薬を貰って来ればまつ毛育毛剤の代わりに出来る?」という質問をよく見かけますが、あくまでも「緑内障治療の為の目薬」です。

 

健康な人が使う事によってまぶたの腫れや痒み目の異常などの副作用も表れる可能性が高くなりますので、いくらまつ毛を伸ばしたいから…と言って緑内障用の目薬を使うのはおすすめ出来ません。

 

当サイトではおすすめしていませんが、現在では緑内障治療用目薬の成分が配合されているまつ毛育毛剤が販売されています。

 

 

⇒まつ毛美容液ランキング【写真付】本当に効果的なまつ毛育毛剤はコレ