まつ毛美容液・つけまつ毛・エクステのメリットデメリットを解説

見た目の第一印象で一番大切なのは目元です。ぱっちりした目は女性なら誰でも憧れますし、可愛いですよね。

 

ぱっちりとした可愛らしい目元を作る為には「まつ毛エクステ」や「つけまつ毛」、「まつ毛美容液」などのアイテムがありますが、それぞれどんなメリットやデメリットがあるのかを、こちらでは解説していきます。

 

まつ毛美容液・つけまつ毛・エクステそれぞれのメリットを解説!

まつ毛美容液のメリットとは?

自分のまつ毛をしっかりと!

まつ毛美容液はまつ毛に欠かせない成分が沢山配合されています。なので使い続けていく内にまつ毛を育てる土台をしっかり整えることができますし、塗ることでツヤを与えられます。

 

まつ毛だけじゃなくまぶたの皮膚もケア出来る!

まつ毛を綺麗に生やす為には、まぶたなどの皮膚のケアも必要不可欠です。まつ毛美容液には、まぶたのケア成分がたっぷり配合されています。
ダメージを受けたまぶたの皮膚を保湿しながらケアしてくれますよ^^

 

つけまつ毛やエクステよりもリーズナブル

まつ毛美容液は少量しか使わないので、基本的に2カ月程度は使う事が出来ます。まつ毛エクステやつけまつ毛を毎回買い替えるよりもリーズナブルですし、自まつ毛を手に入れる事が出来るので、使っている女性も増えてきているんですよ。

 

つけまつ毛のメリットとは?

リーズナブルですぐに手に入れる事が出来る

今や100均にもつけまつ毛が販売されているので、すぐに使いたい!という時などに便利です。

 

コツが無くてもすぐに魅力的な目元を作る事が出来る

まつ毛エクステなどは自分で付ける事は出来ませんが、つけまつ毛なら自分で簡単に付ける事が出来、すぐに魅力的な目元を演出する事が出来ます。

 

まつ毛エクステのメリットとは?

つけまつ毛より自然にボリュームを出せる

エクステは自分のまつ毛1本1本につけ毛をつけていくものです。なのでつけまつ毛よりもより自然に、目元のボリュームを加える事が出来るんです。

 

まつ毛美容液・つけまつ毛・エクステのデメリットを解説!

まつ毛美容液のデメリット
継続して利用する必要がある

塗り始めてすぐに変化があるワケではないので、まずは継続が必要になってきます。「明日はデートだから、明日までにまつ毛のボリュームをなんとかしたい」という場合には不向きかもしれません。

 

つけまつ毛のデメリット

つけまつ毛を付ける時に使用する接着剤は、お肌へ少しずつダメージを蓄積していきます。また、化学薬品の成分が皮膚に浸透する事で、まつ毛の育毛にも悪影響を及ぼしてしまいます。

 

慣れていないと「つけました!」感が出てしまう

つけまつ毛は目元に沿って、接着剤でつけて行くタイプです。

 

なので慣れていないと目元にしっくり馴染まず、「つけまつ毛つけています!」という不自然な感じになってしまいます

 

まつ毛エクステのデメリット
自分で出来ない

特殊な接着剤を用いてエクステを自まつ毛につけて行くので、つけまつ毛みたいに自分で付けられないのがデメリットの一つでもあります。

 

目元やまつ毛に負担をかけてしまう事も

接着剤を使っているワケですから、まぶたには少しずつダメージが蓄積されていきます。知らない間に目元の皮膚やまつ毛にダメージを与えている可能性もあります。

 

⇒まつ毛美容液ランキング【写真付】本当に効果的なまつ毛育毛剤はコレ