低刺激なまつ毛美容液を選ぶ時のポイントを解説

まつ毛美容液は、使う種類によっては刺激となって皮膚が荒れてしまったり、目に入った時にとても痛かったりする場合もあります。

 

現在販売されているまつ毛美容液は低刺激タイプのものも多いのですが、中には刺激になるものもありますので、今回は「低刺激なまつ毛美容液の選び方のポイント」についてを解説していきたいと思います。

何がポイント?低刺激タイプのまつ毛美容液を選ぶコツ

配合成分を見て選ぶ

まつ毛美容液の取扱説明書や公式HPなどに、配合されている成分についての一覧表が掲載されています。

 

ただ、現在販売されているもののまつ毛美容液の主成分のほとんどは「天然成分」で構成されているので、購入の際にあまり神経質にならなくても良いかと思います。

 

配合成分を見ても心配な方は、購入予定のまつ毛美容液の口コミページなども参考にして選んでみて下さいね。

 

低刺激タイプであっても、保管方法などによって劣化して刺激になる場合も

「使い続けるうちに刺激を感じる様になった!」という話はよく聞きますが、実は「保管方法が悪い」などによる別の原因で、まつ毛美容液が劣化して刺激を感じる様になる場合もあるんです。

 

まつ毛美容液は天然の成分を使っている事が多く、配合されている保湿成分も非常にデリケートな成分が使われています。

 

なのでフタをきちんと閉めないまま保管していたり、湿度が多く高温になりやすい場所に放置していたりすると、もちろん中身の美容液も痛んできてしまいます。

 

また、スキンケア商品は栄養分が豊富に含まれているので、雑菌の温床になりやすく、適当に保管したり洗っていない手で触れたり、メイクや汚れが落ちきれていない肌に付けていると筆に雑菌が付いて繁殖してしまい、美容液自体が劣化してしまう恐れも考えられます。(実は「化粧品が突然合わなくなった」というのはコレが一番の原因だったりするんです)

 

これまで問題なく使えてたのに…という方は、今行っているまつ毛美容液の保管状況についてもう一度見直してみて下さい。

 

デリケートなものですから、保管方法は説明書通りに行っておく事をおすすめします^^

 

⇒まつ毛美容液ランキング【写真付】本当に効果的なまつ毛育毛剤はコレ